プログラミング教室について

教室の紹介

 

このページでは、「プログラミング教室やなぎ」が、どのような教室なのか紹介していきます。

やなぎパソコン教室の歴史

やなぎパソコン教室は、平成25年5月にオープンした教室です。教室は、佐賀市の城内にあり、佐賀県立西高等学校や佐賀大学附属中学校のすぐ側で営業しています。

これまで、主婦の方に人気の地域密着型のパソコン教室を運営してきましたが、2020年に小学校でプログラミング教育が始まることをきっかけに、「未来のための子どもプログラミング教室やなぎ」を、2019年9月に開講させることになりました。

教室運営者

佐賀市出身の嵩柳が1人で運営しています。
小学生時代は、教室の側にある赤松小学校に通っていました。大好きな思い出の地の赤松校区に教室を開講しています。

年齢は39歳の男性講師です。
プログラミング教育は、年齢を重ねた先生よりも若い世代(年齢が30以下)の講師が教えたほうがいいと考えています。理由は、色々とありますが、ここでは多くは語りません。
教室では、若く才能ある、大学生や専門学生の講師の方と協力して、子ども達のプログラミング授業を行っていきたいと思っています。

教室の思い

プログラミングを武器に…
自分の可能性を最大限に活用して、孫正義さんのような偉大な実業家へ

教室長である嵩柳は、「孫正義」氏を尊敬し理想とする実業家です。志高く、世界中の実業家たちと肩を並べる日本人、「孫正義」氏のように高い志を持った、子ども達を育てたい・・・。そんな思いがあります。

やなぎは、小学生から始められるプログラミング教室です。プログラミング言語やスキルを身に付けることだけが目的ではなく、近い将来プログラミングが読み書きできる人、出来ない人の、社会的格差は圧倒的に広がります。これから先のAIや海外の労働者にも負けない人を育てていきます。

 

授業体系

小学校4年生以上の生徒様に、講師一人が付き学習を進めていく半個別学習です。講師は、教室長の嵩柳か学生講師がお子様の授業の進行をさせていただきます。